仕上げ磨きをストレスフリーにする方法

MENU

仕上げ磨きはいつから何歳まで

仕上げ磨き

 

仕上げ磨きの卒業の目安は6歳

 

4、5歳になると子どもは自分一人だけでも歯磨きをすることができます。ただ、歯磨きをしているつもりでも、ほとんどの場合がきちんと磨けていないのが実情です。実は子どもはしっかりと歯磨きをしているつもりでも、ほかのことに気を取られたり、鏡を見ずに適当に磨いて終わりにしてしまったり、歯の表面や隙間につまっている汚れはきちんと落ちていないことが多いのです。

 

そのため、虫歯にしないためにも親が仕上げ磨きを行ってあげることがとても重要になってきます。

 

ただ、子どもは仕上げ磨きをとても嫌がることがあります。このように嫌がる子どもを押さえつけて歯磨きをすることは親にとっても子どもにとっても大変な作業でありできることなら子どもだけで歯磨きを終わらせてほしいと思う親御さんも多いのではないでしょうか。

 

それでは仕上げ磨きはいつから何歳まで行えばいいのでしょうか。

この質問に対して多くの歯医者さんは、仕上げ磨きのはじまりは歯が生え始めたゼロ歳からおこない、終わりは第一大臼歯、つまり6歳臼歯が生えきるまでは仕上げ磨きが必要であるとしています。

 

これは、第一大臼歯の生え始めから虫歯になるケースがとても多いためだそうです。

 

ですが、6歳になったから子どもの仕上げ磨きが不要になるというわけではありません。

 

本来であればしっかりと虫歯に対するリスクを理解できる年齢である高学年になるまでは親が磨いてあげたほうがいいとされています。

 

ですが、人によっては4,5歳でもきちんと歯磨きができる子も多くいます。そのため、目安として6歳と思っていただければと思います。このように考えるとあと4,5歳の子どもであればあと1,2年で仕上げ磨きも卒業になります。

仕上げ磨きの重要性

仕上げ磨き

子どもが仕上げ磨きを嫌がるのであればしなくてもいいのではないか。そう考える親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。そこで仕上げ磨きの重要性をご説明します。

 

実は、子どもに生えている乳歯はその後に生えてくる永久歯よりも質が弱く、虫歯になりやすく虫歯になってしまうと、後々生えてくる永久歯にも様々な支障が生じてしまうのです。

 

一番影響が出やすいのが永久歯も虫歯になりやすくなるということです。乳歯の時期に多くの虫歯がある子どもは永久歯になっても虫歯になりやすくなります。

 

これは虫歯の菌が口腔内に多く住みついてしまっているからです。このことによって永久歯が虫歯になるだけでなく歯並びも悪くなって来ることもあります。

 

また、乳歯が虫歯になってしまうと噛むという行為が上手に行うことができなくなります。そのため、噛むことができず、顎の関節の成長が不十分になってしまいます。これは成長しても同じで噛まずに飲み込むことで消化不良で胃腸に負担がかかってしまい、身体の不調を生じやすくなってしまいます。

 

また、それだけではなく、あごが発達しないことで固いものが食べられなくなったり、柔らかいものであったも固くて食べられないと言ったりすることになってしまい、流動食のような食事以外何も食べることができなくなってしまうのです。

 

このような事態になる前に仕上げ磨きの重要性をきちんと親が理解すること、そして、歯磨きを大人が行ってあげることで子どもの将来を守ってあげることがとても重要になっています。わが子の食生活と体を守るためにも子どもが嫌がったとしても、歯磨きをする習慣、虫歯を作らない習慣を親が作ってあげることがとても大切なのです。

仕上げ磨きを子どもが嫌がる理由と仕上げ磨きのコツ

それではなぜ、子どもはそのように仕上げ磨きを嫌がるのでしょうか。そこで今度は仕上げ磨きを子どもが嫌がる理由と仕上げ磨きのコツをご紹介します。

 

仕上げ磨き

 

子どもによって嫌がる理由は様々ですが一番多い理由は痛いから

歯ブラシはどんなに柔らかいものを使用していたとしても大人の力で磨くとついつい力が入ってしまい繊細な口腔内には刺激が強すぎるため痛みを感じることが多々あります。また、ほかにも何をされるのかわからない恐怖から嫌がる子もいます。仰向けにされて何かわからないものを口の中に入れられることは大人でも恐怖があります。そのため、嫌がる子もいます。他には、他にしたいことがあるのに歯磨きをさせられて嫌がる場合や、ただ面倒くさいからいやだという子もいます。これらの嫌がる理由を理解することが、きちんと磨くために重要なのです。

 

嫌がる子に対するコツは歯磨きが面白いと思わせること

そのためにはおもちゃやテレビなどを使って歯を磨くという行為に興味を持たせることが大切です。子どもは興味を持つと自分でやってみたくなります。この好奇心を持たせることが大切です。また、歯磨きに対して恐怖心がある子にもこれは有効です。

 

次に痛みを感じる子についてですが一番は歯ブラシを変えてみることが効果があります。大人が行う歯磨きを痛いと感じるのであれば、まずは磨く力をやさしくしてあげることが大切です。特に乳歯はとても柔らかいので大人のように力を入れて磨いては傷ついてしまいます。やさしくなでるように磨くことが大切です。また、それ以外にも仕上げ磨き用の歯ブラシを購入することも嫌がる理由を減らすのに有効です。

仕上げ磨き用の歯ブラシの選び方

仕上げ磨き

 

仕上げ磨き用の歯ブラシ選びは

  • ハンドルが長く大人が持ちやすい
  • 子どもの小さな口の中にでもしっかり奥まで届くようにブラシヘッドが小さい
  • 子どものやわらかい歯茎を傷つけないソフトな毛先の歯ブラシ

このような特徴を備えた歯ブラシは子どもにとって痛みを感じにくく、親にとって磨きやすい設計になっていますので親も子どもも磨きやすいと言われています。基本的には、ベビー用品メーカーの赤ちゃん用の仕上げ磨き歯ブラシを使えば、問題はありません。

 

自分に合ったものを選ぶと使いやすいため尚良いとされています。

 

自分に合った仕上げ磨き用の歯ブラシの選び方のポイントとは
毛先の柔らかさ

ソフトな毛先といっても種類はいろいろあります。痛みを感じやすい子には、極細など刺激が少ないタイプを選んであげてください。

ブラシヘッドの大きさ

子どもによって口の大きさは様々です。そのため、口が小さい子に大きなタイプの商品を使用すると苦しくて歯磨きが嫌になってしまいます。そのためそのような子には通常より小さいものを選んであげる必要があります。

フラットな形状

ブラシの表面は1本ずつ磨くので、ブラシの面は歯間磨きを考慮したギザギザのものではなく、フラットなものが最適です。

角度

子どもによっては歯磨きをする姿勢が嫌がる理由の1つとなる子もいます。そのため、嫌がらない姿勢に応じて自分が磨きやすいネックの角度を選ぶことも大切です。他にもペンのように持ちやすい形状のものを選ぶと、1本ずつ横磨きしやすいため便利です。また、ペンを持つように握ることで軽い力で毛先を細かく動かせます。そのため力が入りすぎることもありませんのでお勧めです。